県協会の出来事・支部アラカルト


福島県協会・・・令和2年度功労等表彰者

受賞おめでとうございます

         正副会長を囲み受賞者一同の記念写真     令和2年11月23日 於:福島市松川学習センター
         正副会長を囲み受賞者一同の記念写真     令和2年11月23日 於:福島市松川学習センター

 今日まで吹矢普及振興に尽力された個人8名、2団体が 表彰の栄に浴されました。

 誠におめでとうございます。

 今後とも、支部はじめ県協会の発展にご指導・ご尽力くださるようお願い申し上げます。 

◇受賞者氏名◇

    敬称略:順不同

特別功労賞

  前田くに江(会津みさと支部)

  大石 精(霊山支部)

  関谷周利(いわきふれあい支部)

功労賞

  髙橋幸喜(はらまち支部)

  藤倉トシ子(松川ブローガン支部)

感謝状

  渡辺アサ(白河たていし支部)

  小島明子(白河たていし支部)

  渡辺花子(福島しのぶ支部)

  福島あぶくま支部

  相双おおみか支部

 

 

 

    


柔軟体操から始めます・・・川俣支部

練習は毎週水曜日、川俣町中央公民館にて。会議室のイス・机を中央に移動し、シートをかぶせて会場設営。

支部長(藤塚三清さん)の指導による基本動作を全員で確認後、さあ!練習開始!

手指の消毒に加え、ラウンド毎に的の除菌を徹底。8mと10mは完全分離します。(コロナ対策)

得点集計はパソコンを使用し、レベルアップを目指し平均点をも算出。

ピンポイント命中やパーフェクト達成者には、トイレットペーパー(数量制限有)を進呈!


     💛トライアングルに挑戦のポラリス相馬支部の皆さん(◍>◡<◍)。
     💛トライアングルに挑戦のポラリス相馬支部の皆さん(◍>◡<◍)。

 

コロナを吹っ飛ばせ!

 支部のミニ大会開く・・・相馬支部

 

 トライアングル競技(モニター)を行い、優勝カップめざして久々に支部大会を楽しみました。

 トライアングルは五つの的を狙う競技で、的中を連発した会員は「面白い、またやりた~い。」うまくいかなかった会員は「6ゲームは長い。当たらないからつまらない。」・・・と、悲喜こもごも?のようでした。

(談:支部長板倉素子)


「マイ的」を手に頑張るぞー!
「マイ的」を手に頑張るぞー!

 

コロナ禍飯野支部の練習

 

自分専用の的(外枠及び内的)を使用します。練習用的枠を全会員に配布。的は紙製をピンや両面テープで固定。的の除菌の心配をなくしました。

 

吹き終わると的毎外し、次の選手が自分の的を設置します。得点の確認は自席に戻ってから各自が確認報告。 

 

得点は、ボードに集計(下記の写真)します。2時間の練習会で概ね7ラウンド吹きます。パーフェクト達成者等はボックステッシュが頂けます。

 

     佐藤支部長の采配が光ります。(下記写真)

    


       練習再開の松川支部の皆さん
       練習再開の松川支部の皆さん

 

松川ブローガン支部の皆さん

 

 コロナ対策は、2m間隔に広げた的台の配置や的の除菌・消毒。順番待ちのマスク着用などなど。的の安全パネルもプラダンを使用し自作しました。

  支部長氏家敏行さん(写真=向かって左から3人目)の指導の下、思い思いに吹矢を楽しんでいます。